防犯カメラで空き巣や泥棒の対策

泥棒や空き巣は、いつでもあなたの自宅を狙っています。

 

防犯カメラはどこがいい?子供を泥棒や空き巣から守るには

 

留守のとき、また人がいても高齢者や子供だけのときを狙ってくるので怖いですよね。

 

最近では、外出制限で自粛もあり子供が家にいるのにも関わらず泥棒が侵入してきて、子供を脅して静かにして金品を盗むという事件も多発しています。

 

防犯カメラはどこがいい?子供を泥棒や空き巣から守るには

 

そのためにも、防犯カメラやホームセキュリティシステムは必須です。

 

もしダミーでも防犯カメラがあれば、泥棒は入りにくくなりますからね。

 

防犯カメラの種類

防犯カメラと一言でいっても様々な種類があり、設置場所、機能、シーン別で選ぶ防犯カメラは違ってきます。

 

例えば機能で考えると、防水性に特化した防犯カメラであれば屋外の設置でも安心です。

 

防犯カメラはどこがいい?子供を泥棒や空き巣から守るには

 

また録画機能が付いたものと、ついていないものがあり、Wi-Fi対応のもの、スマホですぐに確認できるものなども人気です。

 

そのほか、工事をせずに電池で撮影できる防犯カメラや配線せずに無線で撮影できるものもあります。

 

録画できる防犯カメラの中には高画質で撮影できる防犯カメラもありますよ。

 

設置場所は屋外か屋内かによっても種類が異なります。

 

設置事例も一般家庭だけではなく、小規模〜中規模施設、駐車場、倉庫、マンション、病院、学校など様々です。

 

また防犯カメラを付けているように見せて防犯効果を高めるダミー型の防犯カメラもありますよ。

 

また、形状(見た目)的に、見えるように設置してある防犯カメラもあれば、目立ちにくく隠して設置している防犯カメラや、赤外線センサーが連動しているものもあります。

 

防犯カメラの価格帯

・一般家庭につける防犯カメラの価格帯

一般家庭用の防犯カメラの価格相場は10〜15万円前後です。

 

防犯カメラはどこがいい?子供を泥棒や空き巣から守るには

 

防犯カメラの設置にかかる費用は、防犯カメラの機材にかかる費用と、設置にかかる費用があります。

 

機材はカメラ本体の価格であり、設置費用は業者に設置を依頼した場合に支払う費用になります。

 

自分で全て設置するという場合には、機材代だけでよいので安く済ませることができますが、専門知識が必要になるので業者に依頼した方が安心です。

 

・法人の会社につける防犯カメラの価格帯

法人の会社に付ける防犯カメラの価格相場は25〜35万円前後です。

 

企業に防犯カメラを設置する場合、撮影する距離、性能などの関係から設置費用が非常に高くなりやすいです。

 

また赤外線センサー付き、録画機能付き、Wi-Fi対応など高性能の機材にすると、さらに防犯カメラにかかる費用は高くなるでしょう。

 

その他にも、防犯カメラの設置にはランニングコストがかかります。

 

電気代、ハードディスク代、インターネット料金などが毎月何等かの料金が発生してきますのでご注意ください。

 

防犯カメラの設置方法

防犯カメラの設置は知識があれば素人でもできますが、多くの場合は業者に依頼して設置してもらうでしょう。

 

設置場所は主に屋内か屋外かに分かれ、何を撮影したいか、どんな目的があるか?によって設置する防犯カメラの種類や設置場所が変わってきます。

 

防犯カメラはどこがいい?子供を泥棒や空き巣から守るには

 

防犯カメラを設置する場合には、カメラの重量を考慮して、取り付ける場所に十分な強度があるかどうか?を事前に確認しておきます。

 

壁面へ取り付ける場合には、胴縁部分にネジが通せる位置で固定します。

 

この場合は、設置工事が必要になるでしょう。

 

ポールやコンクリート柱などにねじ止めをしないでカメラを取り付ける方法もあります。

 

さらに防犯カメラを動かすための電源を確保する必要があります。

 

ケーブルで配線する場合は、特に屋外では雨風による劣化を考慮して、できる限り保護剤を使用しておきましょう。

 

特にケーブル接続部は防水処理をしっかりと行わなければ故障の原因になることも…。

 

防犯カメラの中には電池で動くもの、充電式のものなど配線を使用しないものもあるため、その場合は工事は不要ですよ。

 

防犯カメラは購入するのとレンタルどっちがいい?

防犯カメラを設置する場合、購入して設置する方法と、レンタルする方法があります。

 

それぞれにメリット、デメリットは存在するのでよく考えてから選択したいですね。

 

・防犯カメラを購入するメリット・デメリット

防犯カメラを購入すれば、初期導入費用は高くつくものの、長期的な目でみるとレンタルよりも費用は安く済みます。

 

ただ一度購入してしまうと長く使うことになるので、高性能な防犯カメラが出てもすぐに新しいの買い替えるということはできないでしょう。

 

また故障してしまった場合には、修理費用が発生します。

 

・防犯カメラをレンタルするメリット・デメリット

防犯カメラをレンタルするメリットといえば、初期費用が安く済むということでしょう。

 

短期間での利用であればレンタルが一番お得で、コスパがよいですよ。

 

レンタル会社によって設置から撤去まですべて料金内で行ってくれるので、知識がなくても安心です。

 

また最新の機種を試すことができる点もメリットといえるでしょう。

 

デメリットといえば、レンタル会社によっては最低利用期間が定められていたり、希望する機種が出払ってしまっていたりする場合もあります。

 

無料相談窓口|監視カメラ設置工事:89,800円〜|防犯カメラ設置110番

https://www.kanshikamera-nabi.com//

 

防犯カメラ設置経験が豊富なプロが設置場所などを提案
安心の明瞭会計でお客様満足度98%以上
24時間365日スピーディーに対応

 

防犯カメラ設置110番では家庭、店舗、教育機関など施設を問わず防犯カメラの設置が可能です。

 

防犯カメラ設置のプロが無料現地調査を行ってくれるので最適な設置方法が提案できます。

 

24時間365日日本全国受付可能で、確実・丁寧・迅速な対応でお客様満足度は98%以上です。

 

すぐに防犯カメラを設置したいという急な要望にもフレキシブルに対応してくれますよ。

 

費用はカメラ本体代金・録画機・設置工事をすべて含んだ明瞭会計。

 

分かりやすい価格設定が魅力ですね。

 

最安値の防犯カメラ設置業者がみつかるサイト【EMEAO!】

https://emeao.jp/surveillancecamera-lp2/

 

相談、契約手数料は一切不要
失敗しない防犯カメラ設置業者選びができる
コンシェルジュが豊富な登録優良業者と厳選マッチング

 

EMEAO!は運営12周年を迎える会社であり、累計お問い合わせ総数は10万件を突破しています。

 

EMEAO!では防犯カメラの設置業者を探すことができる比較サイトであり、コスパのよい業者、防犯カメラ設置実績が豊富な会社などをスムーズに見つけることができますよ。

 

コンシェルジェへ丸投げ対応もできるので、知識がない人でも安心。

 

最短即日一括見積りにも対応可能となっています。

 

EMEAO!が厳選した200社から依頼者の要望にぴったりの業者を紹介できるでしょう。

 

一人暮らしの高齢者(親)をそっと見守る「東京電力EP 遠くても安心プラン」

https://xn--68j5ee6oua9mll126r3mbw09d5vzbt7dy4zaov4c9ho.com/

 

カメラ映像ではなく家電の使用状況から生活ぶりを確認
防犯カメラでないので見守る側も見守られる側も気兼ねがない
月額1980円〜とリーズナブルな価格設定

 

東京電力EPの「遠くても安心プラン」では、毎日の暮らしぶりをスマホで簡単に確認できるサービスです。

 

遠く離れた場所に暮らす高齢の両親が心配、1人暮らししている子供が元気でいるか気になる…などのニーズに合致したサービスといえますね。

 

東京電力EPでは家族の1日の生活を8つの家電の使用状況から見守ります。

 

防犯カメラがついているわけではないので、気兼ねなく利用することができますよ。

 

TOPへ